おたより*おたより

otayori.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 23日

童話館から

e0095784_23394183.jpg


 娘が小さかった頃、絵本を届けていただいていた「童話館」さんから同窓生(?)へというのでしょうか、冊子が届きました。

 娘のためにとっていたつもりだったのに、そこに登場する絵本、ほとんど覚えています。
 「おちゃのじかんきたとら」だの「あくたれラルフ」だの「ぼちぼちいこか」だの。。。。

 小さかった娘と二人で、くすくす笑ったり、びっくりしたりしながら読んだものです。

 娘もこの冊子をのぞき込みながら、「ウワ~、、覚えてる、覚えてる。」とうれしそう。

 人様に差し上げた以外、「童話館」さんからの絵本は、すべてとっているので、読み返してみようと思います。

 本は自分で選んで、というのが基本かもしれませんが、人が選んだのを無条件に読むというのもおもしろいものです。自分だったら選ばない本、気づかない本にも出会います。

 ただ、我が家の場合、私が本屋で選んだ本、生協などのカタログで選んだ本、「童話館」さんからの本、と本が続々届きすぎて、当時まじめだった娘はアップアップだったようです。(9歳くらいで、届けていただくのをやめました)

 過ぎたるは、及ばざるが、、、ですね。

 私はわがまま放題な主人公がやりたい放題するといった本が好きでした♪

 童話館さんについてはここを見てください。
 
[PR]

by otayori-otayori | 2009-10-23 23:39 |


<< もしも、ゴミ袋が1枚1000円...      告知!!?? >>