おたより*おたより

otayori.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 06日

旅立ちの日に

 朝の番組で、「巣立ちの時」にふさわしい曲、ベスト10みたいなことをやっていた。

 どの曲を聴いても、なんか涙が出そうになったのだが、3位(一位は仰げば尊し」、2位は蛍の光」)の「旅立ちの日に」で号泣。

 この曲を作られた元校長先生が出ておられたのだが、そのお姿にも涙が。

 この方は、ご自分の退職の春の卒業式で、この歌を作り、卒業生に送られたとのこと。
 そのいろいろないきさつは、今まで、何度も、テレビなどで見てきたが、その度に、この方の、初々しさ、謙虚さに驚いていたのだが、80歳になってもお変わりなく、やはり初々しくあられていた。

 テレビの画面の中で、この曲は卒業生に向けて作ったつもりでいたが、今になると、退職をして第二の人生に向かう自分へのはなむけの歌だったのかも知れない、と思うようになってきた、、と言っておられた。

 80歳だよなあ。。。とてもそうは思えないなあ。。。。少年のような風情をお持ちだなあ。。。などと思いながら見ていたら、「小嶋登さんは1月20日に亡くなられました。」との字幕が。
 
 今日の番組の録画がいつだったかわからないが、それからまもなく亡くなられたのだろう。

 人は何歳になっても初々しく大空に飛び立つこともできるが、、、、、次の瞬間にも死んでいくかも知れないんだ、、、、そんなことを思った。ご冥福を祈りたい。

      旅立ちの日に 

白い光の中に 山並みは萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由をかける鳥よ 振り返ることもせず

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強くだいて

勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

今 別れの時 飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に
[PR]

by otayori-otayori | 2011-02-06 10:14 | 思ったこと


<< 感謝      目が・・・ >>