おたより*おたより

otayori.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 21日

有頂天になることもなく・・・・

e0095784_1592419.jpg


 1人の昼下がりに何気なくテレビをつけたら、「サウンドオブミュージック、マリアが語る一家の物語」(NHK)というのがあっていた。

 あの映画のモデルになった一家の次女マリアさん(92歳)が、激動の時代を生き抜いた(本当に生き抜いた!)話を淡々と、でも明るくしていました。

 映画にはファンタジーのような印象を持っていたのですが、けっこう事実に添っていたのですね。でも、実はあの後にこそ地を這うような壮大なドラマがあったのです。

 使用人が10人もいるような大金持ちの貴族の一家は、世界恐慌で銀行が倒産したあおりを受け、一夜のうちに無一文になります。でも、映画でジュリーアンドリュースが扮した母を中心に強く道を切り開いていきます。その後、オーストリアに侵攻してきたナチスから逃れるためアメリカに脱出。そこでも、歌で身を立てながら、生き抜いていくのです。それはもう大変な道のりでした。

 世が世なら、それこそ大金持ちの貴族のお嬢様です。でも、そんなことをひけらかすのでもなく、、、。
 82歳で養子に迎えたという男性(教育者になりたいという夢を抱いている黒人の若者)が、「母は過去の苦労や災難を振り返り、悔やむこともなければ、成し遂げたことや名声を自慢するということもない」と言っていました。

 
 マリアさんには比ぶべくもないですが、、、実は私昨日ちょっとうれしいことがあって、有頂天になっていました。友人に今日のotayoriさんおかしいね、と言われたくらいです。。。
 帰宅してから、1人恥ずかしくなり、有頂天の時も舞い上がらず、そ~~~と幸せを胸の中で味わい、失意の時にもうろたえないような、そんな人間にならなくちゃだなあ、、、、、と強く強く思っていたのです。そんな時に、このドキュメンタリー。神様からの教えのような気がしました。

↑庭の草花。。。時には花屋さんにも行きますが、たいていは庭の草花を生けます。
[PR]

by otayori-otayori | 2007-03-21 15:05 | 思ったこと


<< 冷蔵庫の扉には~♪      思案橋ラーメン >>