おたより*おたより

otayori.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 22日

月曜日の新聞

e0095784_21285139.jpg

 月曜日の新聞(我が家は朝日)には短歌と俳句の欄がある。
 私は、短歌の欄しか読まないのだが、、、。

 今日は、農業支援のためにアフガンの地に赴き、拉致され、殺害された、伊藤和也さんの死を悼み、業績を讃える歌が、たくさん選ばれていた。


 きみの手になりて美しアフガンの菜の花畑ほほ笑む少女

 見えるもの見えないものも忘れまじ君残したる震える思ひ

 ダラエ・ヌールに菜の花の咲く季節ごと思い出すらむ教えし人を

 アフガンに芋蔓あおくのびゆくを空より見んや伊藤和也さん

 青年は荒地に種子を蒔きて果つアフガンの地よ光よ風よ


 私は、毎週毎週、短歌の投稿欄を読むたびに、なぜか泣いてしまう。。。。今日の短歌の最後はサザンを詠んだ歌で、

 「思い出はいつの日も雨」サザンという青春の日よ夏は終わった

というものだった。

 サザンのコンサートには1度だけ行ったことがある。通っていた大学の学園祭にサザンが来たのだ。デビューしたてでまだ売れていなかった頃に、学園祭実行委員が契約したらしく、入場料は1000円しなかったような記憶がある。なんせ、学校の体育館であったくらい。実際に来てくれた頃は、メチャクチャ売れていて、すごい盛り上がりだった。

 あれから30年くらいたつ。
 私自身は、年を重ね、外見はすっかりおばさんだが(おばあさんになる日もそう遠くないかもしれない)、、、、中身はあの頃と、違うのかなあ~
 
[PR]

by otayori-otayori | 2008-09-22 21:30 | 思ったこと


<< 日本一の私      将来が楽しみ?! >>