おたより*おたより

otayori.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 18日

一日一回さわる

e0095784_15203063.jpg

 「暮しの手帖」の編集長、松浦弥太郎さんの「今日もていねいに。 (PHP文庫)」と言う本を読んでいたら、「一日一回さわる」というページがあった。

 以下、そのページから・・・・


 ものをいつくしみ、自分をいつくしむ。これは毎日の暮らしをいつくしむということだと思うのです。
 いつくしむ方法は、一日一回、さわること。ごく単純ですが、とても大きなことだと思います。
                           (中略)

 さわれば、その本なり椅子なりの状態ががっきりわかります。埃がついていたら払い、傷がついていたら修理し、並び順を整理整頓することもできます。
 しかし、まったく変わりがなくきれいなままでも、さわるとさわらないとでは大きな差が出てきます。さわったことで、あたたかもいのちの吐息がふきかかったがごとく、そのものがとても元気になるのです。
 逆に言えば、誰にもふれられず置き去りにされたものは、やがて生気を失います。
 僕が本や服を少ししか持たないのも、自分が毎日さわってあげられるものには、限りがあると知っているためです。
                           (中略)
 
 自分の手足や髪といった細部も、ものと同じように一日一回はきちんとさわり、点検し、すこやかかどうか確かめましょう。
                           (後略)


今日もていねいに



 確かに、何年もさわってもいない本棚の本たちは死んでいそうです。

 洋服も、食器も、書類も、、、、、タオルも、靴も、、、植木鉢も、、、、、、、押し入れの中のものたちも、、、、、みんな瀕死の状態かも。

 せめて一月に一度は自分の持ち物にさわれるくらいのものを持ち、いつくしんであげなくては。

 さわるどころか、目にもとめないものたちのために、なんと多くの時間とお金と労力を使っていることか。

↑柚子ピールを作りました。今度はもう少し、苦みを残した方がよかったみたい。何かを作るときには、その一点に集中して、自分にとってのベストのものにしなくちゃ、結局はもったいないことになってしまうみたい。
↓果物の色はきれい。柚子・みかん・かぼす・レモン・バナナ・ラフランス。
e0095784_15231389.jpg

[PR]

by otayori-otayori | 2008-12-18 15:14 |


<< 朝からインスタントラーメン      朝寝坊^^ >>